[CI&T Learnings 1] 意思決定プロセスの分権化

by: The CI&T Team

Decentralized Decision Making
Posted on 8月 24, 2020

市場の変化が激化するこれからの時代は、新しい行動と分散型マネジメントモデルが求められています。

 

この記事の内容

  • ビジネスに成果とインパクトを与える上での集団的知性の重要性
  • スピードの変化にも対応可能なモデル、アドホクラシーとは
  • 意思決定権を分散させるには

 

近年、課題に対する解決策構築のスピードが問われていますが、階層化され「指揮統制」を基本とする昔ながらの管理システムや業務プロセスでは、うまくいきません。「昔ながら」というのは、これらのマネジメントモデルが時代遅れであり、目の前の課題を解決していく上で不充分であるということです。

 

時代の流れに乗るには、新たな指揮統制モデルを組んだり、それまで経験上うまくいっていたパターンを適応させたり、階層的なマネジメントモデルごとデジタル化したりしている時間はありません。それでは、企業が敏捷性、実践力、学習能力、そしてスピード感を持って革新する能力を全て台無しにしてしまいます。これは、今後も企業が生き残っていく上で、覚えておきたい基礎知識です。

 

今こそ、オペレーションや管理体制、価値創造、そして企業全体の再構築に向けて、全ての在り方を変える時なのです。特に、サイロの破壊については「実行できればいいな」ではなく、コラボレーション、知識交換、新しい作業プロセスの導入を促進する新しいリーダーシップの元、実行しなければなりません。

 

多分野に渡る、自律性と協調性が高いチームをベースにオペレーションを構築するのも1つの手です。集団的知性を企業の大きな資産として扱うことが大切なのです。それにより、より良いソリューションを生み出す機会やアイデアを増やすことになるからです。このようなチームは、新しい環境でも最大のビジネスインパクトをもたらすことでしょう。

 

「集合的知性は、企業にチャンスを見極めて掴む力、そして、テクノロジーを利用する革新と喜びを与えることが出来るのです。」

ルーカス・ペルソナ、チーフ・デジタル・エバンジェリスト

 

新時代にフィットした管理体制
CI&Tはこれまでに、アドホクラシーと呼ばれる、チームメンバーの自律性と協調性をサポートする適応・分散型管理モデルを採用し、分け隔てなく集団的知性を構築する枠組み作り、意思決定のスピードを高めてきました。

 

しかし、ただ単に今までの管理体制を廃止して、全て新しいスタイルで業務を行えば良いというわけではありません。法律などの分野では、原則として、より厳格で階層的なガイドラインや官僚的な管理モデルの下で業務が行われる必要があります。これらは詳細な分析、データに基づいていなければならないからです。つまり、一部の分野にとっては、実力主義が最適なモデルであると言えます。

 

CI&Tが考える、新しい環境に最適な企業とは、上記のマネジメントモデルを絶妙なバランスで取り入れている企業です。これらにより、自社の特性を尊重しながら、常にお客様に最適なソリューションを迅速に提供することで、効率的に知識や意見を取り交わし、プロセス、ソリューション、そして企業全体の継続的な改善サイクルを確立することができる体制の構築が可能になります。

 

分権化された意思決定プロセスの導入
では、どのように、効果的な戦略を構築することができるのでしょうか。また、自律性と俊敏性が必要なのに、根強いヒエラルキーの下で運営がなされている企業に対して、意思決定権を分散させ、アドホクラシーモデルを導入するにはどうすればよいのでしょうか。

 

それには、まず新しいリーダーシップと管理体制を導入し、文化的な変化を起こすことが必要です。CI&Tでは、新しい時代にも速く、ダイナミックに対応できるリーダーシップの育成を基本としています。学習、意見交換や共同作業にオープンであること、自分の意思だけで判断せずにメンバーを見守ること、信頼関係を強化すること、そして人々の可能性を引き出すことに焦点を当ててリードすることを、私たち運営側とお客様側の両方において、基準として持っています。

 

「新しいデジタル時代のリーダーになるには、古い慣習を捨てて新しい道を切り開き、マインドセットを変革しなければなりません。チームメンバーと責任や意思決定権を共有することは弱点ではなく、むしろスキルの1つです。」

ガブリエル・マロステガム、アナリティクス シニアマネージャー

 

CI&Tではリーン・デジタル変革の原則を用いています。これは、リーン経営哲学の基盤と、アジャイル手法、デザインの原則を分かりやすくまとめたものです。私たちにもお客様にも、このモデルは成果をもたらすだけでなく、ビジネスをスピード感をもって動かし、更に変革プロセスのスケールアップを可能にしました。

 

しかし、企業のニーズはそれぞれ異なるので、各業務の特性に合ったリーダーシップと管理プロセスを構築するために、独自の基盤や方法を創らなければなりません。

 

私たちがどのように、社内や顧客のマネジメント体制を構築しているのか気になる方は、以下のリンクから、CI&T Learningをご覧ください。当社のアドホクラシーモデルの詳細と、不安定な環境でビジネスを成功させた強力なコアの構築、ツールの組み合わせ方等、ご紹介しています。

 

CI&T Learningsを、少しでも皆さんの組織変革に役立てて頂けますと幸いです。

 

今こそ、変革を起こす時です。 資料へのアクセスは、こちらから!

 

---------------------------------------------

CI&Tは企業のDXを支援する、リーン・デジタルトランスフォーメーション・エージェンシーです。
・DX導入支援
・Drupal/Acquia製品を用いたアジャイル開発でのウェブサイト構築・刷新
・プロダクト創造・開発支援

を中心に、世界8か国にて事業を展開しています。
ご質問・ご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム