【リーダーシップ戦略第3弾】DXツールの開発

by: The CI&T Team

 Transformation Stack
Posted on 8月 24, 2020

新しい新世界に向けて:素早く変革を起こすには
私たちは今、未曾有の状況にいます。この変化が激しい時代を生き抜くには、素早い学習と、成果を生み出す効果的な戦略を立てることが必要です。

 

この記事の内容

  • 新しい新世界への準備とは
  • 素早く学習できる体制づくり
  • 私たちの学び

 

「変化のスピードこそが大きな変化である」という考え方が、今日注目されています。これは、デジタルメディアがもたらした変革が、今までのスピードに輪をかけて、まったく予想外の形で加速した始めたからです。私たちは今、不測の事態に直面しており、企業はこれまで以上に、市場の変化に迅速に対応する俊敏性と学習能力を磨く必要があります。

 

私たちは、市場や消費者の変則的なニーズを満たすため、そして企業の持続可能な未来sのためにも、この課題に迅速に対応する必要があります。そのために、新しい運営モデルを構築しなければならない企業へのサポートも必要です。すぐに明確な方向性を示すのは、容易ではありません。しかし、まず何より、彼らには共感と安心感を得て欲しいと思っています。

 

企業は今こそ、マネジメントモデルの再構築にチャレンジし、新しいスキルを導入するマインドセットを持つべきです。ビジネスでもプライベートでも、コンフォートゾーンを抜け出して、習慣を一新するのは難しいですよね。しかもいきなり、右も左も分からない状態となると、なおさらです。

 

CI&Tは、継続的な改善を基本として事業を行ってきました。その元となるリーン経営哲学では、行動力や変化を起こす力が求られており、変革は当社の軸となっています。そこに、方法論、ツール、実践力、そして私たちの知識を加えれば、初めて取り組む複雑な問題にも迅速かつ効果的に対応する、強力なツールボックスが構築できるのです。

 

そして、このような経験と変革の積み重ねを活かして、新たなニーズに直面しサポートを必要としている企業やリーダーの皆さまに向けて学びを共有することが私たちCI&Tの責任であると考えています。この資料は、当社25年の歴史の中で培ってきた指針や基礎、学びを共有するためのチャンネルとして作成しました。

 

「私たちの目的は、人々と企業の可能性を最高に高めるお手伝いをすることであり、大きなビジネスインパクトをスピード感を持って生み出すことで、消費者や社会に価値を提供し、より良い世界を構築することを目指しています。」

セザール・ゴン, CEO CI&T

 

あなたの会社をニューノーマル時代に向け育てるためには
私たちの変革手法は、前述した通り、リーン哲学に基づいており、アジャイルとデザインの原則で確立されています。 この基盤に戦略的なプランニングとエンジニアリングスキルを組み合わせ、企業が安全で持続可能なデジタル変革へと進むことを可能にするリーン・デジタル変革を実現します。

 

まずは、各企業の現状を基に構築されている目標の達成に取り組みます。最大90日間の短いサイクルで業務を行い、その中で成果を出すよう取り組むことで、持続可能になります。このように、スピード感を持って成果を生み出すことこそが、デジタル変革を実際に起こし、マーケットシェア獲得への種となるのです。

 

その軸として、プロジェクトへの情熱と学び・方向転換の速さがあります。また、これら全てを支えているのが、PDCAモデル(Plan, Do, Check, Act)、A3やGemba Walk(”現場ウォーク”※プロジェクトワークを共有する場)の実践などの問題解決にフォーカスしたツール、Hoshin Kanri (方針管理)をベースとした戦略立案・実行システム、そしてその後のOKR(目標と主要な結果)の活用です。

 

これらの方法論と、チームやメンバー間の連携を保った運営構造、メンバー同士のコラボレーション、顧客のニーズに焦点を当てたバリューチェーンにおいて各自が持つ策を組み合わせることで、インパクトのあるソリューションを迅速に構築することが可能になります。そしてこれが、まさに今求められていることなのです。

 

独自の変革を構築する方法を知りたい方は、ホワイトペーパー『ニューノーマル時代のリーダーシップ戦略』をご覧ください。この資料では、効果的なデジタル変革のプロセスを編み出し、90日サイクルで成果を生み出すべく、私たちと顧客をサポートしてきた方法と必要なツールへのアプローチ法をまとめています。

さあ、今こそ変革を起こしましょう!