gptw japan 2020

CI&T、2020年「働きがいのある会社」ベストカンパニーに選出

CI&T
02/27/2020
gptw japan 2020

We develop people before we develop software - 「人を作る」ことをすべての中心に、CI&Tは「Driven by Impact」ビジネスインパクトの実現を目指します。

 


 

デジタル変革を通じたビジネスインパクト実現をを支援するCI&T株式会社(https://www.ciandt.co.jp/)は、Great Place to Work® Institute Japan(以下、GPTWジャパン)の選出する2020年度版「働きがいのある会社」ランキングの小規模部門(従業員数25人~99人)で第12位に選出されました。

 

CI&Tの創業の地ブラジルでは13年連続でランキングに選出されています。今回、日本オフィスが初参加で選出されたことを大変喜ばしく思います。

 

◉「働きがいのある会社」ランキングとは
本ランキングは、「経営・管理者層への信頼」「仕事や会社への誇り」「仲間との連帯感」に関する従業員アンケートと、企業文化・会社方針・人事施策の取り組みに関する企業アンケートにもとづき、GPTWジャパンにより世界共通の基準で評価・決定されています。本調査に参加した499社のうち、155社が2020年度版「働きがいのある会社」ランキング(https://hatarakigai.info/)に選ばれています。

 

◉CI&Tの企業文化
CI&Tは、イノベーション・学び・共有を促進する環境をつくるため、成長とオープンネスに根ざした文化、透明性、そしてマネジメントと従業員間の双方向コミュニケーション、といった価値観を北南米・欧州・アジアに擁する2,500人の仲間やその周囲に広め伝えています。

 

◉フェリペ・ルビン(Vice President for Asia Pacific)コメント
ランキングへの選出を本当に誇りに思いつつ、私たちが正しい方向に進んでいることを再認識することができました。会社の魂である従業員(Our people)とともに、ここ日本で真にグローバルかつローカルな組織づくりに取り組んでいます。ゴールは、ダイバーシティとインクルージョン、創造性、リスクをとる、個人の成長、といった文化を伝え続けていくことです。

 

◉橋永ローズ(CI&T Japan Operation & People Manager)コメント
多国籍・多文化とユニークな職場であるCI&T日本オフィスは、顧客である国内エンタープライズや海外グローバル企業とともに、数年かけて着実に成長しました。今回の選出は、人中心・ダイバーシティ・相互尊重の推進と、エンタープライズ組織でのビジネス成長の両立が可能なことの証明です。ランキング掲載実績のある各国CI&Tにつづき、グローバルな文化とゴールを各国で共有できていることは、私の大きな喜びです。


 

Great Place to Work® Instituteについて
Great Place to Work® Institute は、「働きがいのある会社(Great Place to Work®) 」に関する調査・評価・支援を行う専門機関です。「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査し、各国のメディアで「働きがいのある会社のランキング」(リスト)を発表しています。 なお、本リストは、米国では1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されており、このリストに名を連ねることが「一流企業の証」と受け止められています。調査には、毎年約60カ国で7,000社、500万人を超える従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査となっています。

CI&Tについて
デジタル・トランスフォーメーションを加速するために - CI&Tはエンドー・ツー・エンドでデジタル変革を支援するパートナーです。デジタルネイティブな組織として、包括的かつスケーラブルなソリューションで顧客各社のビジネスインパクト実現を加速してきた25年の実績があります。グローバル展開する戦略・リサーチ・データサイエンス・デザイン・開発の2,500名の専門家たちとともに、顧客体験の革新および運用最適化による売上成長を可能にします。

 

お問い合わせ先
CI&T株式会社
japan-office@ciandt.com
03-5778-4980(担当:川渕)